風力発電ビジネスを「リスクの低い事業」にするために

    • HOME | サービス概要

風況観測に関する総合サービス


お客さまに[ 観測データ ]のみを提供するサービスです
お客さまは資産を保有、また管理をせずデータのみを提供します
  ※本サービスは株式会社新エネルギー総合研究所との共同事業です
 
データのみを提供

 これまで風況観測では、風況観測タワーを購入する、あるいはリースし、事業主自らデータを管理、または解析業者に委託する。これが一般的でした。
 しかし、風力発電の開発で必要なものは「風況観測データ」です。
 本サービスではユーザー指定の場所に風況観測装置(風況観測タワー、ドップラーライダー)を設置し、風況観測データを提供するサービスです。観測タワーはお客さまの固定資産とならないため、全て経費(データサービス料)として扱う事ができます
 
最近は風力発電機のハブ高さが100m以上となるケースが多く、マストとドップラー・ライダーの併設による観測が増えています
風況観測に関するフルサポート

 風況観測は様々なステージがあり、様々な業者に発注が生じることが多くなります。しかし、多数の業者に発注する場合、工期が遅れたり不具合が起きやすくなります。風況観測におけるすべての業務をまとめて対応する事が可能です
 
 
 
風況観測タワーの仕様

 本サービスに関する機器の仕様は
四角柱トラス式風況観測タワー(観測高さ 約60m)
4方向支線
ドイツThies社 First Class 風向風速計
NERI社データロガー(WEB管理、衛星通信等の対応が可能)

現地調査

現地調査

国有林内の測量

測量(国有林)

風況観測データの集計

風況観測タワーの完成

三菱ウィンドライダーへの電力供給

風況観測データの管理・集計

メリット
  • それぞれの段階で、現地調査業務、風況観測タワー設置会社、観測データ管理、発電量風況観測タワーのほか、ドップラーライダーの風況観測サービスも対応しています